企業が欲しがる有能な人材を育成

企業からオファーを受けやすい人材とは

正社員で就職した場合の試用期間

正社員で就職した場合にも、試用期間というものがあるのが一般的ですが、その期間が終わってから本格的に雇用してもらうことができると有給休暇も使えたりと本当の意味で正社員になったと言え、会社で正社員としての待遇も受けやすくなってきます。

正社員とアルバイトの違い

アルバイトやパートとの大きな違いは、雇用期間に限りがないこともそのひとつですが、大抵は福利厚生が充実しているのがほとんどです。年に1度は健康診断を受ける義務があったりと正社員で就職後にその企業で決められたルールについて説明を受けるのも普通ですが、残業の有無やその残業代など手当の有無まで確かめるのが欠かせなくなってくることです。

中途採用で正社員を目指すとなってくると、資格をもっていることよりも即戦力、人柄が重視されやすいのですが、実力次第では採用も難しくなくなってくるわけです。もちろん、拘束時間が長かったりとリスクはありますが、採用後は長期的に安心して働きやすくなったりと正社員になる上でのメリットの方が多くなってきます。

試用期間中に注意すること

最近、話題のブラック企業と言われる会社がありますが、正社員という肩書だけで満足してしまうと痛い目にあってしまいます。ブラック企業の特徴として、サービス残業を求められたり、試用期間中は待遇が全然違うなど注意しないければいけない点がたくさんあります。転職に焦ってブラック企業なのかを見極めずに入社してしまうと、やっぱり転職しなければよかったと逆に後悔してしまう可能性があります。

そういった企業に入社してしまっても試用期間中にしっかりと見極め、もし違うと思ったら迷わず退職し新たな転職先を探すほうが将来を考えた場合は良い結果になると思います。

About

View all posts by