企業が欲しがる有能な人材を育成

企業からオファーを受けやすい人材とは

転職の書類選考の方法は

書類選考~面接まで

転職を考えた場合、まず最初にやることは自分が働きたい求人を探すことです。探すことまでは、比較的簡単で誰にでもできることですが、応募したい求人を決めたからと言って即、面接や採用というわけにはいきません。
まず最初に書類選考があったりすると履歴書を送ってから選考結果が出るまで一週間から二週間ほどかかるのがほとんどです。不採用の際は履歴書を返してもらえるかどうかも事前に確かめておくと分かりやすいですが、企業によっては不採用でも履歴書を繰り返してくれるところも少なくないからです。

書類選考の基準

書類選考だと履歴書に記載されている学歴、職歴、年齢や今の状況で判断されやすくなってくるのですが、丁寧な字で志望動機などアピールできるポイントを前面に押し出してみると書類選考にも通りやすくなってくるといえます。書類選考に通らないと面接すら受けることができません。大手企業やある程度の有名企業になると求人募集数に対して応募数が上回るケースがあり、その場合は書類選考で事前にふるい落とされてしまいます。選考基準は企業や担当者によって違うので外部者は知ることはできません。学歴を重視するケースと経歴を重視するケースがあり企業によって判断が分かれます。

転職で正社員を希望していると書類選考を面接の前に行う企業が多くあるので、在職中に転職を行う人と一度退職してから本格的な転職活動に専念する人では履歴書の書き方や転職の仕方も少し変わってくると思います。前の仕事を辞めた後に転職活動が行えると比較的、求人を探し求めたり、面接の日程も組みやすくなったりと柔軟な転職活動が行えます。

About

View all posts by