企業が欲しがる有能な人材を育成

企業からオファーを受けやすい人材とは

転職の前に考えるべきこと

転職しようかなと一回でも思ったことがある人は多いと思います。みな考えてはみるものの実行に移す人は1割にも満たないのが現状です。給料や待遇などの条件が良くなることが約束されていたり、自分の夢や理想に近付けるのであれば、迷わず転職をするべきです。しかし、職場内の人間関係や労働条件の不満から転職を考えているなら、もう一度冷静に考えてみることが大切です。

転職を考える前にやるべきことはやったのか

転職を決断する前に、もう一度自分に問いかけることです。今の会社や職場でも改善できる点が多いと思います。はたして自分はそれらについて努力をしたのか、実行してみたのかを確認して下さい。職場の人間関係はふとしたことから改善されることもありますし、それが無理な場合でも、移動や配置転換を申し出ることで、環境自体を変えるという方法もあります。また、移動や配置転換によって残業時間が減る等、労働条件が良くなることもあります。移動や配置転換を断られた、もしくは移動先でも上手くいかず、転職するしかないという結論に至った場合は、気持ちを切り替えて転職活動をします。

再就職

年齢にもよりますが、今の会社より良い条件の会社への再就職はとても難しいと言われています。20代であれば比較的簡単になりますが、30代・40代と年齢が進むについて条件に合う再就職先を探すことだけでも大変になってきます。しかし、転職を決断してしまったことは、しょうがないので、次はより良い転職にするために努力をしましょう。

再就職先で必要な資格があれば、退職までに取得しておく必要があります。また、再就職先での業務が今の自分の業務とは異なっている場合は、今の会社でその業務にも触れておくことが大切です。もちろん、日常の業務は今後の糧となるようにきちんとこなすことが大切です。

About

View all posts by